イーサリアムクラシックとは、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーンベースの分散型オープンソースプラットフォームである。通貨単位はETC。2016年のThe DAO事件で起きた議論の際、イーサリアムのブロックチェーンに変更を加えるべきでないと主張するグループによって誕生した。そのためブロックサイズや処理速度、報酬など基本的な仕様はイーサリアムと同じである。なおイーサリアム財団から公式にはサポートされていない。