Plasma(プラズマ)とは、2017年にヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)らによって提唱されたイーサリアムスケーラビリティ問題を解決するための技術である。イーサリアムのメインチェーンに子チェーンを接続することによって、追加処理を可能とする。また子チェーンに独自の子チェーンを生成することも可能であり、一定間隔でメインチェーンにデータを転送する階層的なツリー構造を設計することができる。そのため複雑な処理を高速かつ低い手数料で実行することができる。