暗号通貨とは、暗号化技術を使用して通貨を生成、管理、移動等を可能にする、数式に基づいたデジタル通貨のひとつである。従来の通貨とは違い、ブロックチェーン技術を使い分散型台帳によって管理されており、トークンとも呼ばれる。代表例としてビットコインイーサリアムがある。2009年にオープンソースソフトウェアとして公開されたビットコインが最初の分散型暗号通貨。2019年までに、4,000以上の暗号通貨が作られている。