ビットコインとは、仲介者や中央銀行のような発行者を必要とせずに、世界規模のP2Pネットワーク上で動作する世界初の分散型のオープンソース暗号通貨である。通貨単位はBTC。また世界で最も有名な暗号通貨である。特定の主体によって制御されることはなく、取引内容の改ざんがほぼ不可能であることから、法定通貨とは異なる特徴をもつ新しいタイプの通貨として注目されている。コンピュータやスマートフォンなどインターネットに接続されたデバイスをもつ人であれば誰でも使用することができる。2009年にサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)によって作成され、その仕組みならびに技術は「ビットコイン:ピアツーピア電子マネーシステム」というタイトルのホワイトペーパーで解説されている。