インクルーシブファイナンスとは、貧困層向けのあらゆる金融サービスを意味する。従来の銀行システムから締め出されていた貧しい人々に金融サービスを提供し財政基盤の構築をサポートするため、社会的意義も大きい。様々な金融機関が少額のローン、保険、送金手段、年金、貯蓄商品を開発、提供している。しかし、他の金融商品に比べ過去のデータが不十分であるため、予測不可能な点が多いことも特徴である。ブロックチェーンは低コストでサービス基盤を構築できる点などから、インクルーシブファイナンスを実現する技術の一つとして研究が進んでいる。