マイクロペイメントとは、通常はオンラインで行われる少額の金融取引を意味する。各企業の定義にもよるが1〜20ドル未満の取引を指すことが多い。1990年代から多くのマイクロペイメントシステムが考案されていたが、手続きや仕組みの複雑さから普及には至らなかった。2010年代にはインターネットや各デバイスの普及、暗号通貨ブロックチェーンの登場により、手数料など取引コストを抑えたシステムの構築が可能となったためマイクロペイメントが実行される機会も増加している。