ライトコインとは、2011年に発行が開始された暗号通貨である。通貨単位はLTC。決済などに使用可能なビットコインの代替手段として開発され、ビットコインを金とすればライトコインは銀であると言われる。基本的にはビットコインと同じ技術を採用しているが、ビットコインに比べ、ブロック生成時間の短縮、最大発行数の増加、ハッシュアルゴリズムの改良などいくつかの点で違いがある。そのためビットコインより多くのトランザクションを処理することが可能で、一般的なハードウェアでもマイニングできる。2017年には主要な暗号通貨の中で初めてSegwitを採用している。