ハッシュ関数とは、一定サイズの値でデータを出力するための関数である。あるオリジナルの数値をハッシュ関数に通し、返される値をハッシュ値と呼ぶ。ハッシュ関数によって出力されたハッシュ値は、そのハッシュ関数で使用されているアルゴリズムが解析されない限り、オリジナルの数値を特定することは基本的に不可能である。一般的に、WEBシステムのユーザー情報のパスワードは、ハッシュ値で保存されているため運営側はオリジナルのパスワードを確認できないシステム設計になっていることがセキュリティの観点から安全とされている。また、デジタル署名の暗号化および復号化などに使用される。ハッシュ関数はビットコインをはじめ多くの暗号通貨で採用されている。