IoT(Internet of Things)とは、従来はインターネットに接続していなかったモノが、取り付けられたセンサーなどからデータを収集し、互いに繋がっていく仕組みのことである。日本では、「モノのインターネット」とも訳される。現在世界中で何十億ものデバイスが存在する。安価なプロセッサの開発とワイヤレスネットワークの普及によって、世界中でこの流れは加速している。人間が関与することなくリアルタイムでデータを収集、通信する。情報を遠隔からでも活用できるため、今後様々な効果が期待されている。一方、デバイスから収集された情報のプライバシーやセキュリティなど問題点もある。具体例としては、適切な時間で食べ物を調理する電子レンジ、センサーによって道路内の障害物を検知する自動運転車、身体の情報を測定するウェアラブルデバイスなどである。