デジタル署名とは、デジタル上の情報(取引内容やその送受信者の身元など)が本物であることを確認するための方法である。アルゴリズムによって秘密鍵と公開鍵を生成した後、秘密鍵を用いて署名を生成、公開鍵で署名を検証する。情報が通信される上で改ざんやなりすましの発生を防ぐことを目的とされている。日本、アメリカ、ヨーロッパ諸国などの多くの国において、デジタル署名は従来の文書における署名と同じような法的拘束力を持つ。具体的には、電子商取引、ソフトウェアの送信、金融取引、および偽造または改ざんの検出が必要なその他さまざまな状況で使用される。