API(Application Programming Interface)とは、オペレーティングシステム、アプリケーションなど、その他サービスが保有するデータにアクセスすることで利用できる機能とその仕様のことである。利用できる機能は、提供者によって制限されているが、一般的にAPIを利用することによって事業者はプログラムの開発、使用がより簡単になる。またコスト削減、セキュリティ向上などのメリットがある。具体例としてGoogle各種サービス、Facebook、TwitterのAPIが挙げられる。