Howey Test(ハーウィーテスト)とは、アメリカの最高裁判所が、ある取引が有価証券を介した投資契約であるか判断するために定められた方法論である。1946年にアメリカの企業W.J. Howey Co.が行った資金調達に関する裁判からその名が付いている。基本的に、ある主体が他の主体に投資を行い第三者の行為によってのみ利益を期待している行為だった場合、その取引は投資契約であると見なされる。その他、情報の開示がされているかなど特定の条件も踏まえて判断される。Howey Testに基づいた場合、暗号通貨(特にICO)は投資契約の対象となり得るのか注目されており、対象となった場合は証券と判断されアメリカでは証券法などの法律に従う必要がある。