マルチシグ(multisig)とは、マルチシグネチャーの略称であり、暗号通貨トランザクションを行うために複数の秘密鍵を必要とする技術である。マルチシグの実装としては、2of3の形式が一般的であり、3つ存在している秘密鍵のうち2つを揃えなければ、暗号通貨のトランザクションを実行できない。暗号通貨の秘密鍵を別々のデバイスに分散して保管することで、盗難のリスクを軽減することができる。また、ユーザーが1つの秘密鍵を紛失した場合も暗号通貨を失うことはない。複数人で資産を管理する場合にも、少なくとも2人以上の合意が必要となるため、より慎重な管理体制を実現できる。