Financial Stability Boardの略。主要20カ国(G20)の合意に基づいて、金融システムの規制・監督に関する国際基準を設け、各国金融当局間の協調強化のために2009年4月に設立された国際機関である。
本部はスイスにある国際決済銀行内に置かれている。
2018年末時点で、 主要25カ国・地域の中央銀行、金融監督当局、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)などの代表が参加する。