タックスヘイブンとは、海外の個人や企業に、ほとんどまたは全く課税義務を負わせない国家または地域を意味する。また本人の移住や事業拠点の移転を必要とせず、諸外国から資産情報の開示を求められても応じないことが多い。事業運営が巨大化するに従って大手グローバル企業が法人税を最小限に抑えるために海外のタックスヘイブンに現金を預けることが社会問題となっている。具体例としてマルタ、アンドラ、バハマ、ベリーズ、バミューダなどが挙げられる。特にマルタでは、暗号通貨の法整備が整っていることもあり暗号通貨およびブロックチェーン関連企業の進出が盛んである。