ハードウェアウォレットとは、暗号通貨秘密鍵をハードウェアデバイスに格納するタイプのウォレットである。秘密鍵はオフラインかつソフトウェアに接続していない状態で保管されるため、安全性が高いとされる。2019年5月現在、ハードウェアウォレット自体の欠陥による盗難事件は発生していないが、ハードウェアウォレットの二次流通において不正なプログラムが組み込まれたものが販売されている場合や、生産プロセスで脆弱性が生まれる可能性などがリスクに挙げられる。代表的な商品として、Trezor One、Ledger Nano Sがある。