オープンバンキングとは、 オープンなAPIを使用して金融機関のデータネットワークを第三者に提供するシステムのことである。第三者が財務情報にアクセスできるようになるため、新しいアプリケーションやサービスの開発が促進される。その他にも金融業界の透明性向上、支払いや送金処理の高速化、融資判断の合理化、会計処理の簡素化、違法取引の減少などが期待される。一方でセキュリティ上のリスクや情報提供に関するプライバシーの問題が課題である。オープンバンキングが利用されているサービスとして家計簿アプリのマネーフォワード MEが挙げられる。