シュノア署名(Schnorr Signature)とは、1989年クラウス・ピーター・シュノア(Claus P. Schnorr)によって考案されたデジタル署名の方式である。2008年に特許が期限切れとなったため広く利用することが可能となった。暗号通貨に実装した場合、デジタル署名のサイズが比較的小さく、かつマルチシグトランザクションに対応可能となるため、スケーラビリティ問題を解決する技術として注目されている。ビットコインなどECDSAを採用している暗号通貨への実装が議論されている。