OTC取引とは、Over The Counterの略であり、店頭取引や相対取引と訳される。取引市場ではなく、特定の企業や個人と直接売買を行う取引を意味する。OTC取引を扱っている企業、OTC取引のマッチングができるチャットサービス、ATMなどで取引が可能である。暗号通貨のOTC取引は増加傾向にある。暗号通貨におけるOTC取引の利点としては、素早く簡単に大口の取引ができることが挙げられる。また、取引市場には存在しない通貨の取引が可能である。一方で、スプレッドが広く割高なことが多い。取引相手の信頼性に依存した取引であるため、詐欺の温床にもなっている。