スループットとは、任意の時間内に処理できる情報量および処理速度を意味する。ビジネスの文脈では、商品が製造プロセスを経て消費されるまでの速度を指すこともある。プロセッサ、メモリ、ネットワーク通信などの性能を測定するために使用される。ネットワーク通信であれば、情報通信の成功率を意味し、1秒あたりのメガバイト数(Mbps)などで表される。ビットコインイーサリアムなどの暗号通貨では、スケーラビリティ問題によってスループットが低下する課題が生じている。