UTXOとは、ビットコインなどの暗号通貨で利用されているトランザクションや残高を記録する仕組みである。Unspent Transaction Outputの略であり、他のウォレットアドレスへ支払いが実行されていない暗号通貨の残高を意味する。UTXOを採用した暗号通貨におけるトランザクションのデータには、支払い元と支払い先のウォレットアドレス、金額が記録される。また支払わなかった残高は自分のウォレットアドレスに支払ったものとして記録される。そのため、ブロックチェーンに残高自体は記録されないが、UTXOを集計することによって残高を算出することができる。二重支払いが発生しない、他人の残高を確認することが難しいためプライバシーが守られる、といったメリットがある。一方、データ量が増える、残高のチェックがしにくい、というデメリットがある。